入学申込みフォーム

授業風景

入学申込みについて

フェリスネイルスクールへの入学を希望される方は、下記フォームよりお申込みいただけます
※このフォームのご利用になる前に『入学の流れ』をご覧ください

確認事項

  • お電話でもお問い合わせ頂けますのでご都合に合わせてご利用ください。

入力欄

名前*
フリガナ*
メールアドレス*
電話番号*
郵便番号*
都道府県*
住所*
生年月日*
性別*
入学希望コース*
教材*
初回受講希望日*
初回受講希望時間*
お支払い方法*
お問い合わせ
規約

フェリスネイルスクール規約、及び建物使用上の注意について記載しております。よくお読みください。

第1条(目的)
フェリスネイルスクール受講規約(以下当規約という)は、JNA認定校フェリスネイルスクール(以下当スクールという)に設置されたコース及びセミナー等において、受講生の皆様が快く学習ができ、プロとしての第一歩を踏み出せるよう規律するものです。

第2条(当規約の範囲)
1.当規約は当校のすべての受講生に適用されます。また入校申込書及び署名済みの利用規約同意書を提出により入校の意思が
確認されることで当規約の内容を承諾したものとみなします。
2.当規約と追加及び変更規定が異なる場合は、追加及び変更規定を優先するものとします

第3条(当規約の変更)
当規約は、受講生の承諾なしに当校の決定により変更することができるものとします。
変更内容については第4条の規定に則り通知するものとします。

第4条(当スクールからの通知及び承諾)
1.当校からの通知は別に定めがある場合を除き電子メール及び当校サイト上
(URL:http://www.feliz.jpn.com)及び当校が適当であると認めた方法で行ないます。
2.電子メールは第5条の入学申込書に記載されたアドレスに連絡するものとします。
また第6条における申込内容に変更があった場合は、その変更事項を優先するものとします。
3.当校からの通知後14日以内に受講生より異議の申し立てがない場合は、当通知を承諾したものとみなします。

第5条(受講の申込)
1.当校の設置したコースを受講するためには、当校所定の書類(入校申込書・署名済みの利用規約同意書)を提出することで
申込と致します。受講希望者が提出書類に署名をして、当校へ提出することで書類内容を承諾したものとみなします。
2.申込は必ず本人が行なうものとします。但し未成年者等に関しては保護者の同意を必要とします。
3.申込に際しては、受講希望者はすべて最新の情報を提供するものとします。
4.所定の提出書類を不備なく全て提出後、必要金額の着金日をもって入校契約日といたします。
5.受講限度期間は入校契約日より1~3年間とします。(各コースに準ずる)
6.提出書類に不備があり、受講希望者が何らかの損害を受けた場合、当校は一切の責任を負わないものとします

第6条(申込内容の変更)
1.第5条で提出された書類の記載事項で、変更が生じた場合は、遅滞なく当校に書面を作成(変更申込書)又は電子メールにて
提出するものとします。
2.変更事項は最新の情報を記載するものとします。
3.受講生が変更をしなかった場合において損害を受けた場合、当校は一切の責任を負いません。
また当校が損害を受けた場合は、当規約13条に則り対処いたします。

第7条(申込の拒否及び取消)
1.以下の事項に当てはまる場合、当校は申込の拒否をすることが出来るものとします。
1)受講希望者が、日本語で読む・書く・スムーズな会話・コミュニケーションがとれない場合
2)20歳以下で、当校のコース内容を十分理解できないと当校が判断した場合
3)以前当校から申込の拒否または受講の取消処分を受けていた場合
4)違法行為を行なっていることが判明した場合
5)他の受講生や講師に対して迷惑行為や強引な勧誘行為を行なう恐れがある場合
6)申込書に虚偽内容及び過度の記入漏れ等がある場合
7)アレルギーや持病等により医師から受講不適切と診断された場合
8)暴力団関係者と判明した場合
9)反社会的勢力ではないことを誓約すること
10)その他当校が定める基準を満たしていること
11)その他当校のコース受講が継続できないと判断された場合
当校が申込書類を承認した後で1項にある項目に当てはまると判断した場合は、申込の取消を行なうことが出来る事とします。
入学そのものをお断りすることがありますが、この点については予めご了承ください。

※見学時の面談の結果は当日お伝えする場合もありますが、基本的には電話や電子メールでお伝えいたします。
郵送での通知は行いません。
※当校における面談の結果、見学者の入学を承諾しなかった場合、その審査及び理由について、いかなる場合においても
開示しないものとします。

 

 

 

第8条(受講料の支払い)
1.受講料は、最初の講義が始まる前に全額一括前払いを原則とします。(第9条を用いる場合は別とする)
2.受講料は、当校の決定事項により、事前に通知なく変更することが出来ることとします。
3.当校指定口座へ振込を行う際や支払いに掛かる手数料は受講者負担とします。尚、現金でのお支払いはお受けしておりません。
4.お支払いただきました受講料等の金額につきましては、当校での決定事項及び当規約に規定のあるものを除き、如何なる場合も
返金することができないものとします。
5.その他受講料の支払いについて当規約に記載のない事項については、二者協議の上決定するものとするものとします。
6.入金が確認できた場合、当校は必要な場合のみ受講生に対し、領収書を発行いたします。
7.受講料の支払をもって申込手続きの終了とします。

第9条(クレジット・ローン)
1.クレジットカード
当校が指定するクレジットカードを利用して、指定した回数にてお支払い頂く方法
   なお、クレジットカードを利用したお支払いの場合、その利用審査によりクレジットカード契約が有効に成立することが受講規約の成立要件になります。
2.提携する学費ローン(分割払い)
当校が提携する学費ローンを利用したお支払いの場合、その利用審査により学費ローン契約が有効に成立することが受講契約の成立要件になります。また、提携する学費ローンの契約は、申込者の責任で締結されるものとし、金利手数料の支払いは、申込者の負担となります。
第10条(返金について)
1.当スクールは、理由の如何なく受講又はコースの中途解約はいたしません。
2.お支払いただきました受講料金は、如何なる場合でも返金することはいたしません。但し、当スクールの都合により受講生へ何らかの損害を与えた場合、フェリスネイルスクールにより定めた内容で賠償することといたします。

第11条(受講について)
1.受講は全て予約制とし入金確認後、カリキュラムに沿い2ヶ月先まで予約をとることが出来ます。
2. 予約はこちらから指定した方法で受付することとします。尚、指定した方法以外での予約はお受け出来ません。
3.予約変更は3日前まで、それ以降のキャンセルは不可。(1回《3時間》消化とする)
4.受講時間は、以下の通りといたします。
・1コマ目/10:00~13:00 ・2コマ目/14:00~17:00
・3コマ目/17:30~20:30/18:00~21:00/18:30~21:30
5. 次の場合、当校は受講者に対して退席をさせることが出来ます。
1)受講中の周りの受講者に迷惑をかけるような行為をし、受講を妨害する行為をした者
2)受講者が本人でない場合
3)受講料の未払いが判明した場合
4)その他講師が退席を適当とみなした場合
6.受講生は、当校の技術と知識を学ぶ権利を有し、当校は受講生に教える義務があります。
その権利と義務において信頼関係を築き、両者が権利を乱用することのないようにします。
7.受講生は、受講中の服装や靴など、汚れても差し支えのない衣服を着用し、受講中のトラブルなどには当校は一切責任を持ちません。
8.当校においては、受講者ごとにカルテを作成し、受講者に確認のうえカリキュラムの消化を記載いたします。
尚、このカルテにつき疑義が生じた場合は、担当講師と受講者との協議で対応を決定いたします。

第12条(使用範囲)
1.受講者は、当校で得た教材及び資料は、自己の学習のみに使用し第三者に開示してはなりません。
2.受講者は、当校で得た教材及び資料は、第三者に対して販売・譲渡・再使用・貸与等をしてはなりません。
3.受講者は当校の受講する権利を第三者に譲渡してはなりません。

第13条(スクール施設について)
1.当校施設において受講生が使用できるスペースは、ビル入り口からスクール受講室への通路、手洗い場、トイレとなります。
上記以外は立ち入りを禁止しております。
2.単発セミナー、検定対策講座等は、別教室を使用する場合もありますが、教室の使用の際には講師の指示に従ってください。
3.電気、エアコン、空気清浄機等の使用、設定の変更は講師の指示に従うようお願いいたします。
4.当校施設内での喫煙は禁止とさせていただきます。
5.当校施設内での携帯電話のご使用は、他の受講者の迷惑にならないようお願いいたします。
6.トイレ、手洗い場、その他備品等がない場合、又は使用してしまった場合は、速やかに講師にお伝えください。
7.マナーを守り、受講生の皆様が快適にネイルを学べることが出来るよう、スタッフ、受講生全員で節度ある施設の使用を
心がけましょう。
8.施設に関しては別途公表しております建物使用上の注意を遵守ください。

第14条(スクール内備品等について)
1.当校内に設置されている器具類、道具類、その他備品類の全ては当校の講師の指示に従ってご使用ください。
2.受講は、入学日にお渡しした道具類又は貸出し用の道具類をご使用ください。
3.当校に設置している器具類、道具類、その他備品類の全ての万引き等犯罪行為が発覚した場合はすぐに警察へ連絡いたします。

 

第15条(講習、セミナー、検定対策講習について)
当校では、予め設置したコース以外に、随時講習、セミナー、検定対策講習を開催いたします。以下のことにご注意ください。

1.講習、セミナーについては、当校内掲示板、チラシ、その他ホームページ、LINE@、ブログ等で告知をいたします。
告知事項、参加要領を遵守し、所定の方法で申込をしてください。
2.検定対策講習など、以下の講習の開催を予定しております。
○JNAジェルネイル技能検定試験初級取得対策講習・・・初級の取得を目指します。…[有料]
○JNAジェルネイル技能検定試験中級取得対策講習・・・中級の取得を目指します。…[有料]
○JNAジェルネイル技能検定試験上級取得対策講習・・・上級の取得を目指します。…[有料]
○衛生管理者講習・・・JNA制定ネイルサロン衛生管理士講習会です。…[有料]
3.上記の検定対策講習の募集は、同条1項と同様の方法で行います。また本対策講習は、検定合格を保証するものではありません。
個人の技術習得度合いによって補講が必要になる場合があります。
4.開催場所は当校以外になることがありますので、告知に従ってください。
5.当校は、JNA認定校でありJNAジェルネイル技能検定試験の自校開催をしております。
詳細につきましてはホームページで公開しております。
6.上記検定対策の内容変更、廃止は、同条1項に従って受講生へ告知いたします。
7.当校には村杉香代子他 認定衛生管理指導員、日本ネイリスト協会本部認定講師が数名在籍しております。

第16条(禁止事項)
1.他の受講者及び当校の財産やプライバシーを侵害する行為をすること
2.他の受講者及び当校の著作権、その他の権利を侵害する行為(無断複製・転載・録画・撮影等)をすること
3.他の受講者及び当校の名誉を毀損すること
4.他の受講者及び当校に不利益または損害を与える行為をすること
5.他の受講者及び当校を妨害するような行為をすること
6.守るべき法令を遵守しない行動をすること
7.受講権利の譲渡や売買をすること
8.当校が不適当であると判断したこと
9.当校の建物を故意に破損したり、汚したりすること
10.当校において宗教活動及び政治活動をすること
※上記全てにおき、未遂を含みます

当校の利用に際して、以下の行為を禁止します。これらに違反された場合、当校は利用者による受講停止や、以後の受講をお断りすることがあります。
また、受講生の違反行為により、当校に損害が生じた場合はその損害全て(合理的な弁護士費用含むが、それに限定されません)を速やかに賠償する責任を負うものとします。

第17条(受講の中断と取消)
1.第7条にあたる行為及び第12条にあたる行為をしたものについて、株式会社ホクトス・プランニングの決定において当校は
受講権利の中断及び取消をすることができるものとします。当校は中断及び取消理由を口頭または書面(決定通知書)にて
交付するものとします。この決定において受講の中断及び取消があった場合、既に支払われた授業料等は一切返金しないものとする。
2.1項に定める以外の受講権利の中断及び取消行為は以下の通りとする。
1)申込に虚偽の内容が含まれている場合
2)受講者から破産の申し立てがあった場合または破産宣告を受けた場合
3)当規約違反を犯した場合
4)当校が不適当であると判断した場合
3.当校の決定に異議のある場合、第7条2項、3項及び4項を準用するものとする。

第18条(休講及び閉鎖)
1.戦乱・地震・噴火・火災・津波・停電・労働争議等非常事態の場合等校運営が困難な場合スクールを閉鎖いたします。
2.当校の運営上一時的な運営中止が必要な場合休講と致します。
3.その他当校が適当と決定した場合休講または閉鎖と致します。
4.当校の休講及び閉鎖に関しては、第4条に則り受講者に通知いたします。しかし緊急事態の場合はその限りではありません。

第19条(受講の修了について)
1.受講の修了は、各コース受講回数を消化した場合、受講の修了と致します。
2.受講の修了したもの、トップネイリストコース、ベーシックネイリストコース、スーパーネイリストコース、この3つのコースにつきましては修了証を発行します。
3.受講時の態度、講師からの再三の注意があったにも関わらず改善されなかった場合は、修了証等当校が受講者に対して与える
一切の権利権限及び証明を行わないことが出来るものとします。
4.3項において再入学することは今後一切することが出来ないものとします。

第20条(建物・設備等の使用)
建物・設備等の使用については、別に定める規定によるものとします。

 

第21条(スクール内における商品販売について)
当校では、校内でネイル商材、器具類等の販売を行っております。以下の点に注意をしてください。
1.他の受講生の迷惑のならないよう、商品は元の位置に戻してください。
2.万引行為を発見した場合は、直ちに警察署へ連絡をいたします。
3.商品及び金額は予告なく変更する場合があります。
4.商品の購入は現金でのみお支払いしていただけます。必ず精算をしてください。
5.商品購入の際、商品の購入検討の際には他の受講生の迷惑にならないようにお願いいたします。

第22条(プライバシーポリシー)
プライバシーポリシーについては、フェリスネイルスクールのホームページにて定める個人情報の取扱を遵守いたします。

第23条(損害賠償)
1.受講者が当規約及び法令の定めに違反したことにより当校及び第三者及び当校関係者に
損害を与えた場合、受講者はその損害を賠償するものとし、当校は一切の責任を負わないこととします。
2.故意、又は過失によって当校内の施設、備品、財産を滅失、破損させた場合は損害の賠償を請求いたします。
また他の受講生の備品、財産も同様といたします。

第24条(免責事項)
1.当校が関与しない講義の遅滞、停止、廃止等、当校の講義に関連して発生した問題については別に定めがあるものは
除き、当校は一切の責任を負わないものとします。
2.受講者が当規約及び、法令違反において受講者及び第三者に損害を与えた場合、当校は別に定めがあるものは除き、
一切の責任を負わないものとします。
3.当規約に関して、当校が受講者に与える一切の損害については、受講生から受領した受講料の範囲でのみ責任を負うものと
します。
4.当校が提供した情報及び資料等で受講者が第三者より受ける損害賠償請求、知的財産権の侵害等の提起が行なわれた場合、
当校は一切の責任を負わないものとします。
5.当校の講義についての完全性や正確性等を含む瑕疵担保責任を含むすべての事柄について明示または黙示の保証はしない
ものとします。
6.当校の講義の内容及び情報等に関して、本規約ならびに当校諸規約を承諾の上の利用は受講者の自己責任とし、
それにおいて発生したすべての問題について当校は一切の責任を負わないものとします。
7.当校の講義の内容及び情報等に関して、本規約ならびに当校諸規約を承諾の上第三者に対して利用したことで、
問題及び紛争となっても当校は一切責任を負わないものとします。

第25条(権利の帰属)
1.当校の持つすべてのプログラム(教材、技術、システム、サービス、手続き等を含む)の著作権等の権利はすべて
当校に帰属するものであり、受講者はこれらの権利を一切侵害してはなりません。
2.受講者は、当校が提供した情報について私的使用の範囲外においていかなる使用もしてはなりません。
但し当校の許可を得たものについてはその限りではありません。
3.本条の規定を破り紛争となった場合は、受講生は自己の責任と金銭において紛争解決するものとし、当校は一切の責任を
負わないものとします。

第26条(合意所管)
当規約に関する訴訟については、大阪地方裁判所を合意管轄裁判所とします。

第27条(その他)
当規約に取り決めのない事項が発生した場合は、当校と受講者の二者で協議のうえ決定するものとします。

第28条(附則)
当規約は、2014年6月1日をもって有効とします(改訂)。

ネイルスクール詳細

スクール名/フェリスネイルスクール
住所/大阪府大阪市淀川区西中島4-3-5 NLCセントラルビル807号
電話番号/06-4862-4503
メールアドレス/feliz2@feliz.jpn.com
運営会社/株式会社ホクトス・プランニング
運営会社代表/代表取締役 田岡 健次 (タオカ ケンジ)
スクール責任者名/校長 大西 由美 (オオニシ ヨシミ)
衛生管理責任者名/衛生管理指導員 副校長 村杉 香代子(ムラスギ カヨコ)
事務局営業時間/平日10時~20時  事務局休日/土日祝日

 

 

 

衛生管理要項
第1目的 : 本衛生管理基準は、株式会社ホクトス・プランニングの運営するフェリスネイルスクールにおける衛生等に関する基準を
明確化しております。

第2施設 : 本校の入る施設(以下「本施設」)において、以下のことを確認しております。
1)本施設は障壁等により外部と完全に区分されております。
2)ねずみ、昆虫の侵入、害虫の発生を防ぐことの出来る構造です。

第3当校内のスペース : 当校内にはネイル講習の受講場所を確保しております。
1)従業者は受講場所での化粧、飲食、更衣等衛生管理に関わる行為を禁止します。
2)従業者は決められた場所で喫煙することとします。
3)受講場所を専用スペースとして確保し、衛生管理の確保に努めております。

第4受講場所について
1)受講場所の専用スペース確保は、隔壁により作業と無関係のスペースと区分しております。
2)受講場所の広さは、収容人数20人において、作業及び衛生保持に支障を来たさないようスペースの確保に努めております。

第5受講場所内の設備について : 受講場所内には次の設備を設けております。
1)器具等を消毒する場所を設けております。
2)手指用消毒液を常備しております。
3)器具・用具類を洗浄する洗場は給湯のできる流水装置を設置し、共用とさせていただいております。

第6受講場所の環境について : 受講場所の環境について、照明、換気、受講場所内配線につき以下のことを確認しております。
1)受講場所内の照明については、全体の照明(又は手元照明の合算)で300ルクス以上の照度を確保しております。
2)換気は自然換気及び空気清浄機による機械換気により行っております。自然換気とは換気口(窓)による空気の入替を言います。
3)当校では冷暖房器具といたしましてエアコンを使用しておりますが、定期的な換気を行っております。
4)受講場所へは、身体障害者補助犬を除く動物の出入りを禁止しております。

第7化粧室について : 化粧室は、以下のことを確認しております。
1)便所の専用手洗設備は流水式としております。

第8備え付け品について : 本施設には以下のものを備え付け適切な管理をしております。
1)廃棄物は自治体の定めた廃棄物方法により処分しております。
2)外傷に対する救急処置を可能とするため、救急用具および衛生材料を設置し、用法にのっとった適正な使用をいたします。
3)常備する用具としては、傷用消毒剤、消毒用綿棒、止血用絆創膏といたします。

第9備品について : 備品の保管方法は次の通りです。
1)器具類、布片類、その他の用具は、使用済みのもの、消毒済み、洗浄済みのものを区別しております。
2)電気器具を使用する場合は、その安全性及び使用上の注意を遵守し、使用中においても注意遵守をいたします。
3)消毒済みのフットバスは、ダスト、埃を避けるためキャビネット又は棚に保管いたします。

第10薬品類の保管について : 薬品類の保管方法は次の通りです。
1)薬品類のすべての容器にはラベルを貼って内容が確認できるようにし、また密閉して保管いたします。
2)保管場所は火気厳禁としております。
3)揮発性製品及び消防法に規定する危険物にあたる製品(消毒用エタノール、ポリッシュリムーバー)は適量の保管にとどめ、
過剰な保管はいたしません。

 

=備え付け器具等の消毒及び受講場所の衛生管理=

第1 受講場所内の管理について : 受講場所内をネイルサービスに適した環境にするために次のことを実行いたします。
1)受講場所内にはその安全性と衛生面を考慮し、不必要な物を排除いたします。
2)受講場所内の採光を妨げないよう、窓等の遮断を極力抑えます。
3)受講場所内は状況に応じ適温、適湿を保持するようにいたします。
4)照明は定期的に照度を確認し、作業の安全性を確保いたします。
5)換気は必要のたびに行います。
6)廃棄物は、専用のゴミ箱へ保管いたします。

第2 定期清掃について : 施設及び受講場所内の定期清掃については次の通りです。
1)床、壁、天井については営業日ごとに清掃を実施し、常に受講場所内を清潔に保ち、ネズミや昆虫、害虫等が生息しないような
処置を定期的に実行いたします。
2)化粧室は毎日清掃を行います。
3)手洗場、洗場は毎日清掃を行い、排水溝には汚物の蓄積等により悪臭等を放つことがないように、防護いたします。

 

第3 備え付器具等の消毒について : 血液が付着した場合、感染症等の危険を防ぐため次のような対応をいたします。
1)出血箇所の手当てとして、患部に消毒及び止血用絆創膏を施し、状況により最寄の病院へ搬送します。
2)血液の付着している(その疑いのある)器具類は付着している可能性のないものと区別して消毒いたします。
3)破棄する器具類で血液の付着している(その疑いのある)物は、一度消毒を施してから破棄いたします。

使用した器具等の消毒方法については、所定の方法により、衛生管理を行っております。
第4 結核等呼吸器疾患その他の感染症、感染性皮膚疾患の具体例
●感染症
・結核…対応法/医師から感染のおそれがないと証明されて以降作業に従事いたします。
・インフルエンザ…対応法/解熱後2日を目処として医師の診断を受け、感染のおそれがないと証明されて以降作業に従事します。
・その他感染症…対応法/医師から感染のおそれがないと証明されて以降作業に従事いたします。
・同居人等における百日咳・風疹・麻疹・水痘・流行性耳下腺炎、咽頭結膜熱(プール熱)…対応法/医師から感染の
おそれがないと証明されて以降作業に従事いたします。なお、お客様との接触の度合いにより、施術以外の作業従事を行うことが
あります。
・感染性結膜炎…対応法/医師により完治の診断がなされて以降作業に従事します。

●感染性皮膚疾患等
皮膚疾患等に感染または感染の疑いのある従業者はネイルの講習を行いません。また同様に感染または感染の疑いのある受講者は当校で受講をすることができません。医師の診断にて施術可能であると証明されて以降、受講生は受講を開始させていただきます。証明は医師の診断書にて行います。

 

第5 ネイルの受講をしていただく上での注意事項
1.当校におきましては、受講者に安全かつ衛生的な施術を行っていただく上で、以下の対応をいたします。
1)ダストの飛散、施術台の汚れを避けるため施術の際に施術台にタオル又はペーパータオル等消耗紙を使用します。
2)受講に使用する爪化粧品類、化粧水、クリーム、乳液、ハンドクリーム、化粧用油、石鹸、ハンドソープ等はすべて薬事法に
よる承認・届出がされたもの(医薬部外品、化粧品)を使用いたします。
3)施術に用いる溶剤等は、すべてラベルを貼り、施術者及び受講者から使用している溶剤の判別ができるよう対応いたします。
4)手指用消毒液、器具用消毒液、爪用消毒液、マニキュア、未硬貨ジェル除去剤、エタノール等を使用する場合、皮膚からの
吸収、呼吸を通しての吸収、口からの摂取等を避けるため、使用しない容器のふたを閉める、不必要な容器の撤去、換気を
徹底する等、受講者及び施術者の衛生管理の徹底をお願いします。
5)受講者の使用する器具類で、個人管理下にある器具類等は、各自適切な消毒方法にて消毒してください。

2.従業者の管理については以下の点を徹底いたします。
1)衣服については清潔さを保ちます。
2)従業者に対しては頭髪、身体は常に清潔に保つよう指導いたします。
3)髪型は施術に支障を来すものを避け、清潔感の保てるものを指導いたします。
4)受講者に不快感を与えないよう、化粧やアクセサリー等の指導をいたします。
5)手指消毒を心がけ、常に衛生的に保つよう指導いたします。
6)受講場所内での従業者の更衣、飲食及び喫煙は厳禁としております。
7) 従業者は、感染症等の予防のため常にマスクを使用いたします。
 

フェリスネイルスクールの授業に供する建物について、以下の点に注意をしてください。
生徒の皆様全員で使用いたしますため、安全で快適なスクールを目指しご協力のほど宜しくお願い致します。

1.(建物の範囲)
建物とは、授業に使用する一切の建物をいいます。

2.(注意事項)
・建物内はすべて禁煙となっています。 また火気厳禁の徹底をお願いいたします。
・建物自体(付属物を含む)を破損、損失、汚染等した場合は、破損、損失、汚染等をしたものが責任をもって現状に回復させ、
損害を賠償しなければならない。
・授業以外で発生したゴミはすべてお持ち帰り下さい。
・大声で騒ぐ等他の生徒に迷惑のかかる行為は、発見次第建物より退去願います。
・貴重品等の管理は十分に行なってください。
・その他当方の過失、瑕疵であるもの以外は、当方は一切の責任をおわないものとします。
・空調等の設定を変更することは禁止と致します。
・トイレは、マナーをよく守り、きれいで清潔な空間を保てるようお願い致します。
・立ち入り禁止等、標識は必ずお守り下さい。
・近隣に迷惑をかけるような行為は禁止いたします。
・室内の撮影、作品類の撮影や持ち帰りは原則禁止いたします。
・その他何か気付いた点等がございましたら、スタッフまで連絡をお願い致します。

 

3.(緊急事態)
・もし火事や不審者を見つけた場合は、速やかに事務局に連絡をしてください。
・火事の発生に関して、非常口よりスタッフの誘導のもと、退室してください。
・授業中またはそれ以外で病気や怪我をした時には、必ずスタッフに声をかけてください。
・地震の際はあわてず、速やかにスタッフが誘導いたします
・非常時には、非常口の案内のある出入り口から避難をお願い致します。

またその際には、スタッフの言葉を必ず守り、行動をお願い致します。
同意する
確認

注意

  • お客様から頂きましたメールアドレス、住所に誤りがあった場合やシステム障害などの場合にはご返答できない場合があります。
  • 万が一、3営業日が経過しても連絡が無い場合は、大変お手数ではございますが再度お問い合わせ頂くか、お電話にてご連絡ください。
  • 頂いたお問い合せにつきましては、3営業日以内にご返答させて頂きます。